Sydney の子テーマの作成と設置

ワードプレスでホームページを作成していると、一番に手直しをしたくなるのが、コピーライトですね。
ただし、折角変更したコピーライトも、テーマの更新時に元に戻ってしまいます。

毎回、テーマを修正するのも有りですが、「子テーマ」を使って、その手間を削減しましょう。

最初に 子テーマ って何?

ワードプレスサイトのデザインを受け持つ「テーマ」ですが、ワードプレスで作成されたサイトは必ず何かしらの「テーマ」を使っています。
自作で「テーマ」を作っている達人もいますが、殆どのユーザーは 既存の「テーマ」を自分なりに改造してつかっています。

このページ最初の説明と被りますが、「テーマ」を改造しても、「テーマ」が更新された際に元に戻ってしまいます。
そうならない為に、「テーマ」のデザインや機能を継承しつつ「子テーマ」を作って、そちらを改造していきます。

「テーマ」と「子テーマ」に同じファイルが有る場合、「子テーマ」のファイルが優先になると思ってください。
「テーマ」の中のファイルを読み込んだ後「子テーマ」の中に同じファイル名のファイルが見つかった場合、「子テーマ」の中のファイルが上書きされて読み込まれます。

改造したいファイルが有る場合は、そのファイルと同じ名前のファイルを「子テーマ」内に作成して、そちらを改造すれば良いことになります。

「テーマ」の更新では「テーマ」内のファイルは更新されますが、「子テーマ」の中のファイルは更新されませんので、更新後も「子テーマ」内のファイルが読み込まれ、改造した内容はそのままページに反映される事になります。

ただし、注意点として、元ファイルに大きな修正があった場合も、「子テーマ」内の修正前の改造されたファイルを読みに行きますので、他のファイルとの整合性がとれずに不都合が起きたり、折角の改良された機能の恩恵を得れない場合もありますので、定期的に元ファイルとの相違点を確認し、必要であれば、「子テーマ」内のファイルも手直しをする必要は有ると思います。

子テーマ に必要なもの

子テーマ の作成場所

ワードプレスを使い始めた頃、私は、最初はワードプレスの「テーマ」自体がどこにあるのかが分かりませんでした。

場所から説明すると、ワードプレスがインストールされているフォルダ内の
「wp-content」フォルダ内の「themes」フォルダの中に各テーマのフォルダがあります。
※複数インストールしている場合は、複数のフォルダが存在します。

この「テーマ」と同じように(同じ場所に)「子テーマ」を設置します。

子テーマのパーツ

テーマ「Sydney」の子テーマを作成するとして

子テーマフォルダは「sydney-child」
必要なパーツは2つです。

1. style.css

2. functions.php

今回の「子テーマ」の設置の目的は、テーマ「Sydney」のコピーライト箇所の変更です。このコピーライトに関する記述は「footer.php」にありますので、「footer.php」を「sydney」からコピーして子テーマである「sydney-child」に入れます。

この「footer.php」のソースの該当箇所を書き換えて下さい。
下の箇所を

↓これに変更 XXXX=箇所はホームページの作成年(西暦)※2018年だったら[2018]

保存します。

これで「sydney-child」内に3つのファイルが用意できました。
1. style.css
2. functions.php
3. footer.php

子テーマの設置

次に「子テーマ」を設置していきます。

FTPソフトを使用して、
「wp-content」フォルダ内の「themes」に「sydney-child」をアップロードします。

次にワードプレスの管理画面から、「外観」をクリック
テーマの並びに、「sydney-child」が出現しているはずなので、「有効化」ボタンをクリックして反映させてください。

ホームページを確認して、今まで通りページを見る事ができれば、完了です。
ただし、テーマカスタマイズはリセットされているので、もう一度設定して下さい。