ワードプレスって何ですか?

ワードプレスはパソコンにインストールするソフトではなく、WEBサーバー上で動くプログラムです。
ですから、インターネットに接続できる環境で、ワードプレスのユーザー名やパスワードを知っていれば、ブラウザを使用してどこからでも操作して更新ができます。

機能は、ホームページやブログを作成する事ができます。
ワードプレスがデーターベースに接続して、必要な情報を取り出し、適切な配置でWEBページを組み立てます。

※簡単な仕組みを図に表すとこんな感じです。

このデータベースを使う事が便利で、例えば、連絡先やメールアドレス等をホームページ内の全ページに記載する場合も簡単に表示させる事が可能です。
メールアドレスが変更になった場合でも、データベース内のメールアドレスを変更すれば、自動的に、ホームページ内の全ページのメールアドレスも変更されます。

通常のページで上記と同じ事をしようとすると、全ページに連絡先やメールアドレスを記入する必要があり、変更があった場合も全ページを書き直さなければならなくなります。

データーベースを利用する事の一番の利点は、検索機能です。ホームページ内の記事から「任意の語句」で検索することができます。通常のホームページでは検索機能を付ける事が出来ません。

データベースを使用する事ができるWEBプログラムは「ワードプレス」だけではありませんが、「ワードプレス」がホームページの作成やブログの作成に一番使われているのには以下のような理由があります。

  1. 使用している人口が一番多い
  2. 開発が滞らず、日々更新されている事
  3. ワードプレスに機能を追加するプラグインが多い事
  4. ページのデザインを決めるテーマが多い事
  5. トラブルがあった場合、WEB上での対処情報が多い

こんな素晴らしい「ワードプレス」が無料で使える事に感謝したいです。

ワードプレスってどうやったら使う事ができるの?

ワードプレスはデータベースを使用します。データベースがなければ、ワードプレスは機能しません。
まず「データベース」が必要です。
レンタルサーバーに「データベース」を使用するサービスがあるかを確認して下さい。
レンタルサーバーにもよりますが、有る場合は「データベース」を作成して下さい。おそらく、ボタン一発で作成する事ができます。
※「データベース」が使えない場合は、使えるレンタルサーバーに乗り換えましょう。
データベースを作成したら、「ワードプレス」をインストールするのですが、「データベース」の作成が可能なレンタルサーバーの殆どは、「ワードプレス」のインストールも簡単にできるようになっています。
※ワードプレス専用のレンタルサーバーもあります。

このサイトでは「ロリポップレンタルサーバー(スタンダードプラン)」を契約しています。
もちろん、「ワードプレス」でホームページを作成しています。
ロリポップ(スタンダード)は、データベースを30個まで作成できます。
データベース個々に対して、ワードプレスをインストールすると、30サイトのホームページが作成できます。
データベース個々に対して、2つのワードプレスをインストールすると、60サイトのホームページが作成できます。
※もちろんですが、多数のワードプレスを一緒に動かすと、サーバーの動作は遅くなります。

テーマ と プラグイン

テーマとは

ワードプレスを使うにおいて、「テーマ」を選択する事から始めなければなりません。
テーマとは、ホームページのデザインを決めているスキンだと思ってください。

メニューやページのデザインや色、「データベース」から取り出した記事データを どこに配置して、どのように見せるのかはテーマによって異なります。
自分のイメージに近い、「テーマ」を選択し、ホームページの作成が始まります。

ワードプレスのテーマについては、こちら もご覧ください。

プラグインとは

ホームページを作成していくと、色々と便利なものにするために「機能」を追加したくなります。
ワードプレス単体でもホームページの作成は可能ですが、問合せフォームを追加したり、地図を埋め込んだり、色んな機能をホームページに追加したくなります。
そんな機能を追加するのが、「プラグイン」です。

私は、ホームページを作成する時に、最初に行うのが、下記の機能を持った「プラグイン」をインストールします。

  • セキュリティー
  • バックアップ
  • SEO(検索エンジン最適化)
  • アクセス解析
  • データベース最適化

次に、必要であれば

  • Googleマップ
  • 問合せフォーム
  • 記事編集や入力支援

ワードプレスを使うリスク

「データベース」と「ワードプレス」でホームページを作成する場合、ホーム「ページデータ」はパソコンにはありません。
すべて、WEB上で操作していますので、万が一、「データベース」が壊れたり、「ワードプレス」が壊れたりした場合、手元にデータが無い為、復旧にする事ができずに大切なデータが無くなってしまう場合があります。

パソコン上でホームページを作成して、サーバーにアップロードする方法だと、WEB上のデータが破損した場合は、パソコンのデータをもう一度アップロードすると簡単に復旧する事ができます。

セキュリティーや機能向上の為の「ワードプレス」自体のアップデート、それに伴う「テーマ」や「プラグイン」のアップデート等、「ワードプレス」は日々のメンテナンスが必ず必要になります。
そのアップデート自体が、不都合を生む場合もあります。「プラグイン」の競合による不都合も発生する場合もあります。複雑なプログラムが入交ながら「ワードプレス」は動いていますので、バックアップ等も必要です。

便利なだけにメンテナンスに手間もかかり、一度、問題が発生すると何が何だか分からない状況になってしまいます。

上記で、使うのをためらう方もいらっしゃると思いますが、そのリスクがあったとしても、「ワードプレス」を使う事の利便性が勝ると思います。
是非、一歩踏み出してスタートしてみてください。

ホームページの作成