ドメインはホームページの住所!

できれば、ホームページを作成する前に、WEB上の住所と言われる「ドメイン」を取得しましょう。
ドメインって何ですか?
ホームページを見る時にホームページアドレス「http://○○○○.com」や「http://△△△△.net」がブラウザに表示されていますね。
これの、「○○○○.com」「△△△△.net」がドメインになります。
「.com」や「.net」の部分はトップレベルドメインと言い、国、地域、業種等によっては取得できないものもあります。

貸与ドメイン

レンタルサーバーを借りた際に、レンタルサーバーから貸与されるドメインがあります。
「xxx.○○○○.com」など、でサブドメイン形式となります。
上のドメインの「xxx」部分が自分に割り当てされたもので、「○○○○.com」部分はレンタルサーバーの会社が持っているドメインになります。
ユーザー毎に「xxx」の部分が異なり、「○○○○.com」は共通になります。
レンタルサーバーのサービスが終了した場合や、他のレンタルサービスに乗り換える際には、貸与されたドメインは使えなくなります。

独自ドメイン

独自ドメインとは、自分専用のドメインということです。
ドメインは自由に決める事ができますが、基本的に先着順な為、すでに誰かが取得してしまっている場合は、他のドメインを取得する事になります。
また、トップレベルドメインによって年間の使用料が異なり、高価なものもありますので、注意が必要です。
※「.com」「.net」「.info」などは1年間の使用料も安価で、制限なく誰でも使う事ができますので、おすすめです。

自分でホームページを持つ場合、後々の事を考えると、自分専用のドメインを取得するほうをおすすめします。
先述しましたが、貸与されるドメインは使えなくなる場合がありますので、折角作ったホームページのアドレスを途中で変更しなければならなくなった場合、ホームページ検索等のSEOにも影響がでてしまいます。

「独自ドメイン」でホームページを運用している場合は、万が一、現在使っているサービスが終了する事になっても、他のレンタルサーバーで今までと同じ「独自ドメイン」でホームページの運用を再開できます。

ドメインを取得する方法

トップレベルドメインを管理している「レジストリ」
ドメイン登録申請を受けて、登録業務を行う「レジストラ」、レジストラの代理店「リセラー」があります。
私達が、ドメインを取得する際には「レジストラ」もしくは「リセラー」にお願いする事になります。
ホームページのレンタルサービスを行っている会社が「リセラー」なのかは分かりませんが、ドメインを取り扱っている場合があります。
※レンタルサービスを利用中は無料としている場合もあります。

  • その場合、レンタルサービスの終了や乗り換え時に、ドメインの移管を行う必要があります、その方法を予め確認しておいたほうが良いでしょう。
  • 国内では最大手の「お名前.com」(レジストラ)はおすすめです。
  • ロリポップレンタルサーバーを利用するなら「ムームードメイン」(お名前.comのリセラー)などが便利でおすすめです。

最後に注意点として、「レジストラ」「リセラー」によって、取り扱える「トップレベルドメイン」と価格が異なります。
例えば、「.tokyo」ドメインは「お名前.com」で取り扱っていますが、「.osaka」ドメインは扱いがありません。
価格も「.tokyo」=920円/年(お名前ドットコム)、「.osaka」=4,320円/年(osakaレジストリ)と異なります。
※1年目は安く値引きをしているけれども、2年目からは通常の価格になる場合もありますので、正式な価格を調べてからドメインを取得しましょう。

ホームページ作成の準備