画像加工ツールはホームページ作成には必需品

画像編集ツールはホームページ作成に必ず必要になります。
良い画像は一目で内容を伝える事ができ、ページを見ている人の興味を引き出します。

ただし、ある程度の慣れは必要です。
この段階で、画像を加工するとなると「できない」「無理」と決めつけないで下さい。
実際にやっている事は多くはありません。
1.画像のサイズを調整する
2.画像の明るさやコントラストを修正する
3.画像上に文字を入れる
この3つが出来れば殆どの事ができてしまいます。

無料なのに高機能な画像編集ソフト「PhotoFiltre7」

画像編集ツールといえば、Adobe Photoshop(フォトショップ)が有名ですが、フォトショップに使い勝手もよく似ており、しかも無料の「PhotoFiltre」がおすすめです。
是非、使っていただきたいので、導入から、簡単な使用方法を紹介したいと思います。

「PhotoFiltre7」のインストール

インストールと書きましたが、実際はインストールせずに、USBメモリなどに保存して使えます。
必要なのは、
1.PhotoFiltre7本体
2.日本語化ファイル です。
最初に、本体のダウンロードページ に行って本体をダウンロードします。

赤枠で囲んでいる「PhotoFiltre 7.2.1 – English version in zip format」をクリックしてダウンロード
ダウンロード後、解凍して下さい。
解凍されたフォルダの中にプログラム本体であるフォルダ「PhotoFiltre7」が入っています。

次に、日本語化ファイルのダウンロードページ に行って日本語化ファイルをダウンロードします。

赤枠で囲んでいる「Japanese / Japonais」をクリックしてダウンロード
ダウンロード後、解凍したフォルダ内にあるファイル「StudioJP.plg」を先ほどのフォルダ「PhotoFiltre7」の中に入れて下さい。
元々入ってあるファイル「StudioEN.plg」は不必要なので捨てて下さい。

これで、準備完了です。
「PhotoFiltre7.exe」をクリックしてプログラムを起動します。

導入とツールの準備